花火大会情報〜花火の基礎知識から大会情報までTop >  花火大会情報 >  隅田川花火大会

隅田川花火大会

東京の川と言って思い浮かぶのが、隅田川です。東京というより江戸の川という風情を感じる名前ですね。去年2007年の隅田川花火大会は30周年記念大会だったんですよ。

隅田川花火大会って聞くと、相当昔から開かれていたと思っている人も多いでしょうガ、実は隅田川花火大会という名前が使われるようになったのは、昭和53年で、その昔は、両国の川開きと言われていたんですよ!打ち上げ場所も、現在より下流の両国橋辺りだったそうです。

川開きとは、海開きやプール開きと同じ雰囲気で、特に江戸時代には、川開きの日から大体三ヶ月が納涼期間で、川端の料理屋が夜間営業したり、大勢の人が夜な夜な繰り出していた期間でした。第一回隅田川花火大会は、昭和36年以来17年ぶりだったという話です。その間花火大会は行われていなかったんですって、、、交通量の増大、建物の密集、隅田川の汚染、、、いろんな原因があったみたいです。

中止となる直前、昭和34年には、5尺玉の打ち上げも禁止されていました。

1948年の第1回目の花火コンクールが行われた当時は、泳ぐ魚が見えるほど川が澄んで、花火師の中には舟から飛び込む人も大勢いたそうです。

一時は、住民でさえ近づかなかった隅田川が、今では水上バスが運行し、川の水も徐々に澄んできて、泳ぐハゼが見えるまでに復活しています。両国の川開きの歴史は、江戸時代の1733年に遡るそうです。八代将軍吉宗が、悪疫退散と、伝染病での死者の霊を弔うために、両国橋の近くで「水神祭」を行ったのが起源だそうです。この時、川端の料理屋が、死者の霊を供養する会を催して、その余興で花火を上げたという記録が残っているんですって、、、その翌年から、水神祭と花火をあげる事が年中行事になっていったようです。

旧暦の5月28日のことです。今で言う7月12日ですよ。現在5月28日が花火の日なのは、この話に由来するんだそうです。隅田川花火大会は、歴史は新しいですが、起源は江戸時代から続く伝統ある花火大会なんですよ!



    テクノラティタグ: 

関連エントリー

花火大会情報〜花火の基礎知識から大会情報までTop >  花火大会情報 >  隅田川花火大会

Edit

花火雑学王へお問い合わせ

    hanabi07.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ