花火大会情報〜花火の基礎知識から大会情報までTop >  花火大会情報 >  大曲の花火大会

大曲の花火大会

全国花火競技会が行われるのが秋田県の大曲です。2008年は、8月23日土曜日に、午後5時から昼花火競技が、夜花火競技が午後6時50分から行われるそうです。開催場所は雄物川河畔、大曲橋下流です。アクセスは自動車で、秋田自動車道大曲インターから約10分。花火競技会当日はかなりの渋滞が例年起こっているそうです。公共交通機関では、JR大曲駅から通常徒歩25分。車より確実といえそうです。

2007年の個人向け有料観覧席は、雄物川河畔、河川敷運動公園があり、面積は約28万平方メートルでした。上流の大曲橋から護岸堤防の斜面がゆるやかに整備されていて、観覧し易くなっています。また堤防階段の増設、土手上の道路拡幅、取り付け道路の新設など、安全面での改善も進められています。

個人向け有料観覧席は、5、000円?19、000円でした。無料観覧席ももちろんありまして、入場時間規制があるので、当日午前7時に入場開始でした。前日の夕方から待機場所で待機している方もいるそうです。花火の街と称される大曲ですから、全国花火競技大会は、全国の花火師たちが目標としている大会でもあり、国内最高水準の花火が観られることで有名です。大曲の花火は、花火を作った本人が打ち上げる事になっているので、技術とともに花火師としての度量も求められる花火大会です。

良い花火、花火芸術を観覧したい方にぴったりの花火競技会です。打ち上げられる花火の質や規模、大会提供花火は、他の大会では観られない内容ですから、例年大勢の花火ファンが全国から集う花火大会なんです。

大会は、第一部が昼花火の部、第二部が夜花火の部(割物花火の部、創造花火の部)で構成されていて、各部の始めに、標準審査玉が打ち上げられて、競技はこれを基準にして、高度、開き、音、色彩、リズム、総合美、意匠、斬新製、安全性これらの点で、総合的、芸術的に審査が行われています。秋田近郊に住んでいる方が羨ましいと思えるほど、この花火大会はいつも本格的で、毎年秋田県まで足を運んでいます。



    テクノラティタグ: 

関連エントリー

花火大会情報〜花火の基礎知識から大会情報までTop >  花火大会情報 >  大曲の花火大会

Edit

花火雑学王へお問い合わせ

    hanabi07.jpg
    このサイトについてのお問い合わせは、以下のリンクをクリックしてください。相互リンクは同ジャンルのサイト様に限り受付させて頂きます。よろしくお願します。
  • お問い合わせ